--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.12.25 13:50|徒然日記
全身的な癒しから、創造的な人生を楽しむお手伝い♪
Holistic Health Care Salon YASMINE ヤスミンのBlogへお越しいただきありがとうございます。
HP:http://www.m-yasmine.com

☆冬のハーブたちが伝えること☆

Merry Christmas!

とってもあたたかいクリスマスになりましたね♪
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

ヤスミンは、本日はお休み。
家族とまったり過ごしています。

今朝、庭をぶらぶらしていたら、とても綺麗にゼラニウムが紅葉していたので撮影してみました♪

イメージ_convert_20161225134936

ハーブもちょこちょこ紅葉?します。
ゼラニウムの場合は寒さに焼けたような感じですが、綺麗に赤味がさすと紅葉しているように見えます。

コモンタイムも濃い赤茶色のような色になりますし、
オレガノも茶色くなります。

ラベンダー(我が家のはラベンダー・スーパー)は、青白みのある葉色が、やや濃くなります。

葉色が変わらないハーブもありますし、
宿根草のハーブはロゼット状に小さくまるまって、冬を越します。

私は冬のハーブの姿を見るのが大好きです。
ハーブに限らず、木々も、雑草も。

なんだか、ぎゅっとした姿が、
寒さを耐えているというよりも、
ぐっとエネルギーを溜込んでいるようで。

春になるとそれを実感します。
芽吹いたかと思えば、温度があがるとともに、ぐんぐんと生長し、
生き生きとした姿になるので♪

四季のある日本は、季節によるバイオリズムの変化を動植物がしっかりと見せてくれる国。

人間も自然の一部。
ずっと元気元気!ハッピーハッピー!
・・・もいいけれど、
ちゃんと息抜きをしたり、
エネルギーを補給したり溜込んでおく時期というのは必要です◎

気分がアガらない、
なんだかだるい、
元気がでない、

それを「悪いこと」と見るのと、
自分にとって休息が必要なときと受け取るのとでは、
かなり違いがあります。

休息が必要なときというのは、
「自分を愛する」ための機会。チャンス。

元気!ハッピー!は、実は、
「そうでないといけない」観念ということもあるかもしれません。
それを自分に言い聞かせることで、元気をふりしぼる。
あんまりがんばりすぎると、ふと、立ち止まった時に、
自分がからっぽになっている。

そういうこと、体験した方もおられるかもしれませんね。

だから、
休みたいな、と思うことは、とても自然なこと。
かっこつけたり、はしゃいだり、するのも楽しいし、良いことだけれど、
たったひとりの時間というのも、同じくらい・・・あるいはずっと大切なこと。

年末年始は、あわただしく、わずかなお休みの中でいろんなことがあって、
すぐにお仕事再開、がんばらなくっちゃ!ということも。

無理をせず、お仕事があるなら、どうしてもやらなくちゃいけない家事や育児、介護があるなら、
どうか、それとともに自分の休息の時間もとってくださいね♪



ゼラニウムはアフリカ原産のハーブ。
わざわざ日本で育ってもらっていますがw
香水のようなやさしい甘みのあるグリーンノートは、
女性をふんわりつつみこむあたたかさがあります。

ゼラニウムのキーワードは「大地」や「母」。
動ずることのない、偉大なる母的なイメージ。

最近は、父性がやや薄くなっているような、母性に強くシフトしているような印象もありますが、
母性があって、父性がある。それぞれの役割が大切で、どちらかだけでは成熟しない。

ゼラニウムから感じる母性は、大地の受容とあたたかさとともに、厳しさも教えてくれます。

私たちは大地の上でこそ安心し、冒険し、無茶をしたり無理をしたりして、学び、育み、努力し、頑張り、
そしてまた、大地に還る。

安心できる場所があるから、冒険ができるのです。
それはとても幸せなことでしょう。

お互いに、安心できる場所をつくり、守りましょう。
それは、お互いを助けてくれます。

あたたかい、クリスマスの日に思ったこと。

Holistic Health Care Salon YASMINE ヤスミン
東近江市長峰団地内
長峰幼稚園からすぐ♪

ご予約・お問い合わせはお気軽に♪
090−8232−6351
info☆m-yasmine.com(☆→@に変更の上送信)

HP:http://www.m-yasmine.com

リコネクティブ・ヒーリング
リコネクション
アロマテラピートリートメント
大地と緑のトリートメント
ボディヒーリング
アロマ心理リーディング
スポンサーサイト
2016.09.06 10:43|徒然日記
全身的な癒しから、創造的な人生を楽しむお手伝い♪
Holistic Health Care Salon YASMINE ヤスミンのBlogへお越しいただきありがとうございます。
HP:http://www.m-yasmine.com

☆植物とのコミュニケーション〜枯れてゆくオリーブの木と☆

こんにちは♪

お盆を過ぎるとツクツクボウシが鳴きはじめ、晩夏の到来を感じ、
9月に入るといよいよ日が短くなって、朝晩は過ごしやすくなってきましたね。

昼間も暑くはありますが、風が心地よく、よく吹いてくれています(台風の被害の地域ではそれどころではありませんが。。。)

今日は日常の中のちょっとしたお話を書きます。
とはいえ数ヶ月前の体験ですけれど・・・
しばらくおつきあいください◎



ヤスミンのハーブガーデンには、2本のオリーブの木を植えてまして、昨年には3、4つの実もつけて、今年を楽しみにしていました。

幹も太くなり、葉もたくさん茂り、毎年剪定するのが大変なくらい。

それが今年になり、葉に勢いが無くなり、
少しずつ黄色くなり、
あまつさえはらはらと落ちてくるようになったのです。

よくよく幹を観察すると、虫の開けた穴を確認できました。
幹が太くなると侵入するオリーブの害虫の仕業です。
基本的に自然のままにしていたので仕方ないと言えば仕方ないのですが、私の心に後悔の念や罪悪感のようなものが生まれます。

日に日に弱っていくオリーブの木。
直視するのがしばらく辛い気持ちになったりもしたのですが、
ある日、その前にしばらくたたずみ、なんとなく片方のオリーブの枝に手を伸ばし、触れてみると、なんとも言えない感覚を受けました。

そこで、もう片方のオリーブの枝にも触れ、両方を軽くにぎり、眼を閉じると、ハートの部分が熱くなり、腕がしびれるような感覚があり、何かが伝わって入ってくる感覚を得たのです。



それはとてもあたたかく、やさしい、穏やかな光のようで、
美しい緑色の輝きでした。
時々黄色のような金色のようなまたたきがあり、
「何か」とあえて言うなれば、「ありがとう」の感じがします。

そして水色の美しい流れのようなものへと変化し、
涼しげでさわやかな風がそよぐようでした。

その時に【言葉】を感じ取りました。

たのしかった
よかった
たくさん風がふいた
いろんないきものたちがいてたのしかった

この「感じ」はオリーブから伝わっているのだ、と思いつつ、
私ちょっといかれちゃった??と思いつつ、
とても自然なことと感じて、そのまま受け取り続けました。

彼らの命はもう尽きる、とそのときはっきりと感じ、涙が流れました。
ごめんなさい、ごめんなさい・・・

目の前で命が尽きる何か。
昆虫も、事故にあった動物も、枯れてゆくたくさんの植物たちも。
彼らも特別だけれど、私にとってこのオリーブの木たちは、また別の特別なもの。
愛着のあるもの。かかわりのあるもの。

それが目の前で命の灯火が消えようとしている。
それはただ無条件に悲しいことでした。

するとオリーブからまた【言葉】が。

他にもたくさんなかまがいるからだいじょうぶ
いなくなってもなかまはつながっているから
たまたまここに来てすごせてよかった

私の中には、海外から運んできた植物には元々罪悪感があって、
気候の違う土地で過ごすことは辛いのではないかしら
と思っていると、

蒸し暑かった!(二重奏)

と返ってきてびっくり、思わず吹き出してしまいました☆

そうだよね。オリーブの原産地や好きな環境は、降雨量こそは必要だけど、乾燥した温暖な土地。
そっかそっか。。。蒸し暑かったよね。
だから弱るし、抵抗力も無くなって、虫に食べられることも受け入れたような感じを受けたのです。

でも彼らは環境に文句を言うことは無く、
ただおもしろく楽しかったとだけ伝えてきて、
いつまでもあたたかくやさしい情報だけを伝えてくれたのでした。

そしてふと、頭の中に「挿し木!」というアイデアが浮かんだ途端、

蒸し暑いから、もういいよー(笑)

と伝わってきたので、また吹き出してしまいました。



しばらく枝に触れながら、たくさんの情報をいただいて、
しまいにひとつになったような感じを味わいつつ、
私の中の情報が何か、いれかわったような感じを受けたので、御礼をいって手を離しました。

白昼夢だったのか、何かわからないけれど、
でも現実に感じたこと。

あれから、オリーブの木はハラハラと葉を落とし続けて、この夏の猛暑でほぼ枯れ上がってしまいました。

植物は何も語らないのではなく、その様子やたたずまいで大いに語るのですが、
「情報」としてリアルに明確に伝わってきたのは初めてだったので驚きました。
でもごく自然に受け入れることができて、
「つながっている」ことを体感させてもらったのだなぁと受け止めています。

別々の身体をもち、
別々の自我をもち、
別々の体験と記憶をもち、
常に交わることのない、「座標」にそれぞれが存在しているすべてのいきものたち。

ではどこで「つながっている」のでしょうか。
どのように「つながっている」のでしょうか。
それは幻想で夢想や妄想なのでしょうか。
現実ではないのでしょうか。

【言葉】とはなんだろう。
【意識】とはなんだろう。

こんな体験から、私はまた何か新しい情報を得ようとしているようです。
というか、向こうからやってきた情報を受け取って、おそらく、何かが重なったのかな。

最期に貴重な体験をさせてくれたオリーブの木。

枯れてしまったけれど、一生忘れないと思う。

人の死は、肉体の死と、覚えてくれている人がいなくなったときに二度目の死を迎えると言います。

それが植物や動物にもあてはまるなら、
私はいろいろないきものの存在を、私の存在に重ねて記憶しよう。
私が死ぬ時には、きっとまた世界は大きく変わっている。

すべてのいきものの記憶が宇宙に重なり留まっていることがわかるかもしれない・・・

なんて、これは完全に私の妄想♪

存在とは不思議なものですね。
特にオチはありませんが、ひとつの体験のお話でした。

ありがとうございました。

IMG_2713_convert_20160906104258.jpg

写真は、今夏他界した義父のいた、夫の実家近くの風景です。
地球は、宇宙は美しいな、と思って撮りました。

Holistic Health Care Salon YASMINE ヤスミン
東近江市長峰団地内
長峰幼稚園からすぐ♪

ご予約・お問い合わせはお気軽に♪
090−8232−6351
info☆m-yasmine.com(☆→@に変更の上送信)

HP:http://www.m-yasmine.com

リコネクティブ・ヒーリング
リコネクション
アロマテラピートリートメント
大地と緑のトリートメント
ボディヒーリング
アロマ心理リーディング
2016.06.06 16:04|徒然日記
全身的な癒しから、創造的な人生を楽しむお手伝い♪
Holistic Health Care Salon YASMINE ヤスミンのBlogへお越しいただきありがとうございます。
HP:http://www.m-yasmine.com

☆ボディワークとしてのトリートメントとボディセラピーとしてのトリートメント☆

今日はひさしぶりに、施術のことについて書いてみようと思います◎

なんだかあまり書いてなかったような気がしたもので^^;

そしてもしかすると聞き慣れない言葉が出てきた?と思われるかも・・・
ということで、まずは言葉の説明から。

◎トリートメント:「施術」の意味。アロマテラピーなどで行う手技による施術の総称を「トリートメント」と言います。
◎ボディワーク:主に身体から働きかける技法をボディワークといいます。身体へのダイレクトなアプローチを通じて、心身の速やかな変容をもたらすという利点があります。従来の体操やマッサージと異なるのは、「気づき・意識」を重視する点です。最近のボディワークの傾向として、心と身体を包み込む生体エネルギーの領域までアプローチするようになっています。(出典:「Fili」サイトより「ボディワークとは」)
◎ボディセラピー:ボディセラピー(マッサージ)とは、一般的に、整体ともカイロプラクティックとも違う、手のひら全体を使って身体をやさしく刺激し、血流をよくして自然治癒力を向上させるというものです。施術を行うことで肩こりや冷えなどの症状の改善させます。(出典:「ボディセラピーマッサージ」サイトより「ボディセラピーとは」)

*注:「ボディワーク」「ボディセラピー」については、一般的に認識されているのではないかと思われる記述を引用しましたが、各種団体・協会・個人施術家によって表現や意図されていることが異なる場合があります。「ボディワーク」についてはエサレン研究所が初めて提唱したのではないかとされています。なので由来が明確ですが「ボディセラピー」については多様な表現が散見されます。
それぞれを近いもの、あるいは同じものと考えられる場面もあるかもしれませんが、由来が異なるのでやはり区別が必要かな?と考えました(でももしかすると、「ボディワーク」の定義を意図して「ボディセラピー」という表現が生まれたとすると・・・両者、とても近しいものかもしれませんが、成り立ちが異なるので、目指すところは同じでも、施術者によっては区別が必要な場面が多いかもしれません)。



ちょっとややこしくなってきました・・・

タイトルに「ボディワークとしてのトリートメントとボディセラピーとしてのトリートメント」と書きましたが、ヤスミンではどちらのトリートメントを提供しているのでしょうか?

アロマトリートメント(リフレクソロジーも)については、「ボディワーク」とされていたり、「ボディセラピー」とされていたりしているようです。

確かに、明らかに「ボディワーク」と定義されているものではないかも?

ヤスミンでは、そこはあまり明確にしていないのですが、
最近、思うところあり、このような記事を書いています☆

今は、HPではアロマトリートメントは「ボディセラピー」として表現しています。
そして「ボディヒーリング」というメニューを「ボディワーク」として表現しています。

でもその違い、わかりにくい!
かも〜。

確かに「ボディヒーリング」を受けられた方は「ボディワーク」として変容が起こっています。

「アロマトリートメント」を受けられた方は、「ボディセラピー」として自己治癒力を高めていかれる方、そのプロセスが進んで「ボディワーク」としての働きが深まっていかれる方がおられます。

それは「精油」の力が大きく関わっているかもしれません。
気づきのプロセスに介在している「精油」によって、その時その時、「ボディワーク」として意図しているものとは異なる働きが作用しているのかも。

なので純粋に「ボディワーク」として受けていただくのは精油もオイルも使用しない「ボディヒーリング」を選んでいただくのが良さそうです。

「アロマトリートメント」は、植物の力を借りつつ、少しずつプロセスを踏んで変容していく。
それもまた、面白い感覚や変容をもたらしてくれます。

たとえば、

ボディトリートメントで、体の癖、その中に潜んでいるさまざまなこと(例えば過去の感情など)、自分との対話が進んで感情が解放され、心と体がつながっていく。
リフレクソロジーで、足裏や足指の癖がほどかれて心身が変化していく。
ヘッドセラピーで、思い込みや思考の強さがやわらぎ、新しい思念が生まれたり、いつのまにか手放しと許しが生まれる体験をする。

・・・というようなことが起こる。

そしてこれらに共通してとても大切なことは、「呼吸」です。
過去の様々な感情の記憶から、姿勢や行動の癖、思考の癖などでいつのまにか横隔膜のこわばりが出来ているとき、このこわばりが解消されることがある。
「ボディヒーリング」はもとよりこれを意図していますが、「アロマトリートメント」は呼吸も見ていますが、明らかな意図をせずとも起こったりしますね。
(施術者としては「意図」の力はとても大きいので、それぞれはまったく違う、と認識しています)

「心」と「体」はつながっている。

「ボディワーク」によってあらためてつながりなおす。
そのことによる影響が「身体的な健康の快復」に向うこともあれば、「心の楽さ」に向うこともある。
そしてそれらは相互に作用しあい、全身的な健康に近づいていく。

体が癒えることも、
心が癒えることも、
私たちはそのどちらも持っていることから、
両方がとても大切なことであり、
同時に両方が癒える、相互に関連しあっていることを知る内面的な気づきは、
過去、外部に原因と解決を求めていてもなかなか統合しえなかったケースの体験者にとっては、
とても興味深い体験になるのではないかと思います。

DSC_1744_2185_convert_20160606160325.jpg

「肉体」は目に見えて、体感もしやすいものですから、「健康」「疲れ」と言えば「身体的なもの」とみなされがちです。

「心が疲れている」と言うと、
「病んでいる」「心が弱い」「精神的な疾患」と思われるのが嫌(恥ずかしい、弱いと思われたくない、など)で、「平気なふり」をすることも多いように思います。

心配かけたくない、強くないといけない、という意識が強い場合、表向き「平気!元気!」という姿でい続ける。

私は15年間ほどビジネスウーマンとして過ごしていましたが、まさにそういう状態だったと思います。

「平気!元気!」と頑張りすぎること、自分に嘘をつくことは、心身に多大な影響を与えます。

結果私はいくつも身体的な病になりましたが、
精神的な疾患・病気と診断される同僚も15年間の間に何人か接してきました。

そしてその当時、心身がストレスに反応すること、それが症状としてあらわれることを「弱い人」認定されることが多かったのです。

自分自身のことも、誰かのことも、「強い」「弱い」あるいは「良い」「悪い」あるいは「優」「劣」とジャッジなど、する必要はない。

でもなかなか、ビジネス社会ではその先の意識に入ることに困難があるのかもしれませんね(今の時代、少しずつ新しい意識に変わってきましたよね^^)。
そしてまた、ビジネスの世界に限らず、
家庭で、学校で、日々の居場所で、
観念に縛られていく場面はとても多いというのも現実のように思います。

「ボディセラピー」にしても「ボディワーク」にしても、ジャッジメントの立場から離れた在り方で、クライアント様に寄り添うことがたいせつ。

いずれにしても、クライアント様が希望する変化、あるいはそれ以上のギフトを受け取るゆとりある空間、安全な場所として、ヤスミンは在り続けよう、と思うのでした。

ひとりひとり、どんな方でも、どんなお疲れがあるとしても、
ご自身への信頼を取り戻して、他者への信頼を取り戻せる。
そのプロセスをご一緒しながら、人の持っている力にいつも驚き、感謝しています。

他者と存在を共有する、ひとつひとつのトリートメントがもつ意味や役割を尊重しつつ、自分ができることをさせていただいています。
それは、何も願わず、何も操作しないこと(技術は別ですよ!)。

私が願い、操作することは、
クライアント様の自由を奪うこと。
クライアント様ご自身の力を信頼していないということ。

自由であることを共有し、私自身とクライアント様の力を信頼することを、意識しないほどにそう在ること。

とどのつまり、トリートメントを意図することも大切だけど、私自身の在り方がまずはとてもたいせつ。

と、いう結論?で。
「今、ここ」のセッションを、そのときそのとき、共に味わうひとときを提供いたしますね◎

Holistic Health Care Salon YASMINE ヤスミン
東近江市長峰団地内
長峰幼稚園からすぐ♪

ご予約・お問い合わせはお気軽に♪
090−8232−6351
info☆m-yasmine.com(☆→@に変更の上送信)

HP:http://www.m-yasmine.com

リコネクティブ・ヒーリング
リコネクション
アロマテラピートリートメント
アロマボディトリートメント
アロマリフレクソロジー
アロマヘッドセラピー
アロマ心理リーディング
2015.08.21 12:33|徒然日記
リラクセーションとバランシングと調和のサロン♪
Aromatherapy&Herbs YASMINE ヤスミンのBlogへお越しいただきありがとうございます。

こんにちは♪

もうすっかり朝晩には秋の気配を感じるようになりましたね。
みなさま、お盆休みは楽しまれましたか?
ヤスミンはすっかり「旅館ヤスミン」化しておりました☆

さて今日は、ヤスミンのことを少しお話しようと思います。

今現在ヤスミンはサロンワークを中心にあることを目指して活動していますが、
もうひとつの顔として、蒲生というまちに関わる活動も開始しています。
それが「ええほん蒲生探検隊」という名前なのですが、なぜ平行してこのような活動をしているのか、ということです。



サロンを初めて2年ほど経過した頃から、お越しくださる方々と様々なお話をしたり聴いたりして、いろいろと考えるところがありました。

そして同時に、ボディワークにも様々あり、身体的なアプローチで人の感情や心が癒されていくことも学び、
心理学講座でこれもまたさまざまな情報をいただき、
自身の見聞きしたことや体験の中で、理解が深まるほどに、自分自身が何をめざしているのか、ふんわりと中心が作られてきました。

「自分らしく生きる」とか、「自分の人生を楽しむ」とか、そういう言葉がありますね。

私たちは、一人だけでは生きていけず、周囲の人々や、逢ったこともない人のおかげで生きています。
さらに言えば、人間以外のすべての存在のおかげで生きています。

その中で、自分らしく生きる、とはどういうことなのだろうか。
それが楽ということであれば、なぜ今は楽ではないのだろうか。
自分らしく生きても、しんどさはある。完全に楽になることではないけれど、それがなぜいいのだろうか。

「自分らしく生きる」というのは、自分を構成するもの・・・たとえば「心・身体・感情・精神」のバランスをとり、自分自身が完全であることを理解し、生き生きと、その人なりの活力をもって生きていくことと考えています。
そのために、「癒し」が役立つと考えています。

癒しは、一朝一夕で成るものではなく、基本的には「傷ついた期間と同じかそれ以上の時間がかかる」ものかな、と体験的には実感しています。

私自身の体験で言えば、10歳くらいから25歳くらいまでの間に起こった出来事の癒しが、20歳くらいから癒しが始まり、37歳くらいまで「夢」で自分を癒し続けました。

自分の治癒力を実感した体験です。

時とともに進む癒しは「時間ぐすり」というもので、時とともに辛かった記憶や感情が癒されていくというものです。
その間に、一人ではなく、他者とのふれあいからも学ぶことも多いのではないかと思います。
それもとても素敵なことです。

でも、人は意識していなくても、傷の上に傷をつけることをしたり、癒されることを拒絶し、自分の治癒力を信頼することができないこともあります。

そんな場合には「時間ぐすり」がなかなか働きません。

そして人は、「癒し」について、積極的な人と、そうでない人がおられるということもまた事実です。

現代社会では、癒しというと固定されたイメージがあります。
それはとてもリーズナブルでコンビニエンスな「癒し」であることが多いように思います。

あるいは身体的なことでは、多くは西洋医学に依存し、自己治癒力を高める日常的な生活習慣を獲得することを厭うケースも多く見られます。

私たちの身体は、心や感情や精神とバラバラなのではなく、
本来一体となって存在しているものです。
肉体は容れ物ではなく構成要素のひとつです。
神経、血管、血液、リンパ、内臓、骨格、筋肉、脂肪・・・
心、感情、精神とともにあるからこそ、私たちはそのバランスを崩すと心身ともに健康を害することが多くあります。

人間を全体的に、包括的に見るということで「ホリスティック」という言葉があり、古くから人の健康を守るためにはどのようなアプローチが有効かを、多くの先人が探求し、研究してこられました。
しかし今は、多くのことが忘れ去られ、「新しい」ことが最善であるかのような錯覚を私たちはしていることも多いのです。

私は温故知新という言葉が好きですが(これもまた深く読みとると興味深い意味があります)、
繰り返し繰り返し、人が行う業のようなものを追いかけることに飽きてきたら、
自分自身の全身的なバランスを回復することを考えてみれば、
いわゆる「自分らしく」生きていくきっかけになるのではないかとも思うのです。
(自分自身や人に対する「思い込み」をほどくことも「自分らしく」生きることにつながるかと思います。
(自分の「思い込み」は、自分の中心にある美しく輝く部分につながっていくことが多くあるように思います。
(私は、それを見つけることを楽しみにしています。



ボディワーク・・・身体からの癒し
サイコセラピー・・・言葉・対話からの癒し
スピリチュアルヒーリング(エネルギーワーク)・・・スピリットに働きかける癒し

これらのすべてがお互いに作用しあい、複雑な人間の機能に働きかけ、身体的な癒しでも感情が癒され、心が穏やかになること、
対話からの癒しでも心が軽くなることで足取りも軽くなること、
スピリチュアルヒーリングによって心身ともにバランスが回復すること・・・

それぞれの良さがあり、身体に触れられるのが苦手な人は、スピリチュアルヒーリングを選んだり、対話が苦手な人はボディワークを選んだりと、
私たちは様々なアプローチから自己治癒の道を歩みます。

私自身がこれらの様々なアプローチを試し、
多くの観念からくる苦しみを癒し、過去を癒し、そして未だ癒えない部分にも気づきながら、少しずつ癒えていくプロセスを楽しんでいます。
(癒えていくのがわかっているので、その経過が楽しいのです!)

私は今の仕事に意味を見出し、素晴らしい仕事だと考えて行っていますが、
逆に、このような仕事は無くなる方が良いとも考えています。
それだけ傷つき、癒しが必要な人が多いということは、
社会の構造的欠陥、人類の生み出す不幸があるということ。
光だけが影を照らすことができるとはいえ、
人類がどれだけ進化できるか、夢物語を語る気はしません。

そしてまた、これら「癒しのためのアプローチ」と自分自身が完全に無縁であると考えておられる方も多くおられます。

自分自身が傷ついていることを認めることは、
悲しい体験や感情を思い出すことかもしれません。
あるいはそれの真っ最中であるときには、
それに耐えられないかもしれません。

その場合は、無理にすることはないのです。

でも、一人で生きているのではないですから、
「時間ぐすり」になるような、自己治癒のきっかけは、どこかにあることでしょう。

地域での活動は、ほんのりと、そんなことも考えながら、間接的アプローチをしようと考えています。

夢物語を語る気はしないと書きましたが、
今在る人が大切であること。
これが大前提です。

未来のために犠牲を生んでは、同じことを繰り返すだけではないかと思うのです。
なので、今在る人が癒されていくことが大切であると考えています。
(それは、魂の輪廻という概念をもっているからかもしれません。

そのために私ができることは、

自分自身を癒すこと。
自分自身が癒しを実感していることを、他の人に伝えること。
この2点です。

だからこそ、私はサロンワークを行い、
同時に、地域のためにできることをします。
手段は何でも良いのです(が、私にできることで行うしかありません)。
私が目指していることは、「心・身体・感情・精神」のバランスを回復し、自分自身の完全性を受けいれ実感し、生き生きと暮らすこと・・・
人生の「Flower of Life」をより長く生きること。
(それは、自己治癒が継続的に働いていることであり、他の人にもつながっていくことです。

もちろん、不老であるとか病気にならないということでは在りません。
自己治癒が働いた結果として、「完全で奇跡的な肉体的治癒」ばかりが起こるものでもないからです。
長寿がその証拠ではないからです。

私たちが今の人生で何を学び、次の人生あるいは後世に伝えることができるか。
私たちが生きている意味、価値のように感じさせられる「思い込み」も飛び越えて、
ただ存在しているということを、お互いに認めあうということができれば、
心の平安、魂の自立ができるのだろうと思います。



イメージ+2_convert_20150821122657

私の名前は「やすかわみさこ」ですが、
名前のアナグラム・・・名前に隠された意味を見つけるワークをすると、

「さ(ぁ)、みはすこやか」=「さぁ、『み』は健やか」
(『み』=身、体、命、心、望、民、水、生などが「み」と読まれます)

「みやこさかすわ」=「都咲かす『和、輪、環』」

この二つの文ができました。
なんと旧姓では見つからなかったのですが・・・

数年前まで、蒲生が好きなので、蒲生で何かお役に立てないかと考えていたけれど、サロンもあるし、なぜ私は2つのことに意識が向くのだろう・・・と考えていたのです。

でも、名前の中に隠されていたのですね。

複数のことをしていると、二兎を追う者は一兎をも得ずと言うこともありますが、
私には、サロンも、地域の中での活動も、
両方根っこは一緒なのです。

直接的アプローチか、間接的アプローチかで、手段は異なるけれど、目指すところは同一です。
それが私の芯であり、心なのだろうと思いつつ、
私自身も癒しながら、この心にどれだけ信念をこめられるか、
少しずつがんばろ〜って考えています。

それが私自身の「心・身体・感情・精神」のバランスを回復し、自分自身の完全性を受けいれ実感し、生き生きと暮らすこと・・・。

自然に、みなさまに、先人方の生み出したものに、生かされていることのありがたさ、おたがいさまのありがたさを想い、今日も過ごさせていただきます。

長々と、お読みいただきありがとうございました。


Aromatherapy&Herbs YASMINE ヤスミン
東近江市長峰団地内
長峰幼稚園からすぐ♪

ご予約・お問い合わせはお気軽に♪
090−8232−6351
info☆m-yasmine.com(☆→@に変更の上送信)

HP:http://www.m-yasmine.com

アロマテラピートリートメント
アロマボディトリートメント
アロマリフレクソロジー
アロマヘッドセラピー
アロマ心理リーディング
リコネクティブ・ヒーリング
サウンドヒーリング
2015.08.07 10:19|徒然日記
リラクセーションとバランシングと調和のサロン♪
Aromatherapy&Herbs YASMINE ヤスミンのBlogへお越しいただきありがとうございます。

平和の祈りは自分の中の平和を祈ること

8月は平和月間ですね。
なんだか逆の思考パターンも多い中、
平和の思考とはなんだろう、と考える機会を与えてもらっているように思います。

私が平和についてできることといえば、
人に触れさせていただいて、その方の内なるものが平和的に調和することかなと考えています。

平和についてはひとことで語れませんが、
多くは対比する言葉や概念とともに語られることが多いように思うので、
比較する思考パターンから脱することが平和へのひとつの道であると考えている私としては、
ただ平和を感じることというのも大切かな。。。と思うのです。

目に見えない平和という概念については、
言語化、定義することも大切ですが、
「実感」することがなければ不安定で確たるものもない、
あやふやなものになります。

それは「不安」を増し、いきおい、対比する思考パターンに向かいがちになることもありそうです。
比較・対比は自分を励ますためにも便利なテクニックなのですが、それでもあえて、もっと大地に足をつけるために、自分の今を生きる為に、自分の平和を見つけ出し、あたためてみる。
大きく育ててみる。

それがどこから感じられるものなのか、感覚を遣ってみる。

安心とは何なのでしょうか。
私たち人類が求めてやまないもの。
「安心」を求めて逆にコンビニエンスに向かい、欲求を深めてしまうきっかけともなる「不安」。
不安や怖れに向かうのではなく、安心に向かう。
簡単なようでいて、とても難しいもの。

でも、やはり、簡単と思う部分もありますね。



施術前には両手をあわせてクライアントさまに感謝をします。

この場に感謝をします。
この機会に感謝をします。
この環境に感謝をします。
生きていることや、宇宙や、触れさせていただくことや、お互いの存在など、
自分が感じられるすべてのことに感謝をします。

感謝は人によっては難しいものです。
私も感謝ができずに困っていました。
それが、いつのまにか感謝できるようになるのだから、
自らを癒しつづけることの大切さを思うのです。

イメージ

写真は、数年前、トリートメントモデルさんの背中に触れさせてもらった時のもの。

写真撮影で一連の動きではない中で被写体になって・・・ということもあって、ちょっと固いですね^^;
この頃はまだ、「ただ在る」というところまでいってなかったなぁと思い出します。

施術は、テクニックのみでなく、様々な要素で感じ方が変化するようです。

最近、ずっと定期的に通われる方以外にも、1年振りに・・・2年振りに・・・というお客さまが増えてきたのも、
私の変化を感じ取り、ご自身の変化を感じ取り、
お越しくださるのだな、と思っています。

今日も手を合わせて、感謝させていただきます。
ありがとうございます。

Aromatherapy&Herbs YASMINE ヤスミン
東近江市長峰団地内
長峰幼稚園からすぐ♪

ご予約・お問い合わせはお気軽に♪
090−8232−6351
info☆m-yasmine.com(☆→@に変更の上送信)

HP:http://www.m-yasmine.com

アロマテラピートリートメント
アロマボディトリートメント
アロマリフレクソロジー
アロマヘッドセラピー
アロマ心理リーディング
リコネクティブ・ヒーリング
サウンドヒーリング
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

yasmine misa

Author:yasmine misa
滋賀県東近江市長峰団地でハーブガーデンとサロンをしています。アロマテラピーとレイキヒーリングを中心に、心と身体と感情と精神をみつめてお客様のすばらしさを見つけます。
ブログでは日々の暮らしの中でのナチュラルセラピーや各種お知らせ、たわごとなどを徒然に綴ります。
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
アロマボディトリートメント、アロマリフレクソロジーディプロマ取得
リコネクティブ・ヒーリング・ファンデーショナル・プラクティショナー(RHFP)
JGS認定ハーブコーディネーター
JGS認定ガーデンコーディネーター
YASMINE HP
連絡先
TEL:090-8232-6351
MAIL:info☆m-yasmine.com
送信時は☆を@に変更してください
あるいは、下記メールフォームよりお問い合わせください
広告宣伝等およびサロン資材にまつわる営業は厳にお断りします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

facebookページ

Aromatherapy&herbs Yasmine ヤスミン

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。