スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由な心を、応援するために

2012.07.31 12:08|徒然日記
ヤスミンのブログにおこしくださって、ありがとうございます♪


IMG_4167_convert_20120731231434.jpg

今年もたくさんブルーベリーの実がつきました♪
毎日少しずつ収穫しています♡



今日は、ちょっと内に響きつづける声のこと


昨年からずーっとずーっと考え続けていたこと・・・


「自分はなにものなのか」
「何を成す人なのか」
「何のために何をするのか」


自分に問いかけ続けてきた時間が1日1日、過ぎていきました


昨年から、と書いたけど、今ふと思い直してみると、ずっと子供の頃からあった想いみたい

幼い頃から、「いつか何かを成す人になる」と思い続けて、今に至ってます☆


子供から大人になる時のプロセスのひとつに、進学というものがあります
進学って、高校だろうが専門学校だろうが大学だろうが、「何をする人になるのか」の部分でかなり大きなウェイトを占めますよね
実際、私は学んだジャンルを活かす会社に入って、がんばってきたけど、
そしてそのことは、今も本当に活かされてて、ひろい意味で私をずっとサポートしてくれているけれど、


同時に、私という人間の枠をも作ってしまっている部分もあります


幼いころ、ハーブに興味をもち、姉や母のマッサージをするのが好きだった頃、セラピストになるのはまさかという夢であり、打ち消すばかりでした
身体にふれれば、辛いところがわかったのにね


今は、その頃の志向に戻り、アロマやハーブや大地の力を借りながら、身体に触れるという形でセラピーをさせてもらいつつ、アロマやハーブのことを、初対面の方々にお伝えしたりもしている


いろんなことにチャレンジさせてもらっています


そうして、やはり思う、

「自分はなにものなのか」
「何を成すのか」

ということ





アロマテラピーの教室とかワークショップを始めた頃に、

アロマテラピーをしている人ではない人に、

「アロマテラピーを簡単にワークショップで覚えて、それを無資格の人同士で広めている」
「そんな風にアロマテラピーが広まるのは問題」

と、言われたことがあります


なぜこの人は私にこんなこと言うんだろう、と思いつつ、
そう言われるということは、私にできる「伝え方」というのがあるんだろう、と思いました


私は、「伝える」ときに、安心、安全な使い方と一緒に、
アロマテラピーを用いる際のリスクと、アロマテラピー(あるいは他の代替療法や自然療法)を用いない際のリスクと両面をお話するよう心がけています
法律上のことであるとか、アロマの禁忌・リスクを踏まえた上でなら、判断し行動するのは一人一人の想像力と創造力だからです
子供のように教えてもらおうと思っていたとしたら、それはもうちょっと自覚してもらった方がいいかもしれませんし、実際、そういったことを私は教室などで求めます
大人同士の話ですから、自分で考える力を発揮していただくのが一番です


尊大にうけとられるかもしれませんが、それは逆で、ある意味同じ立ち位置なのです
私自身も、もっともっと学び、深め、理解し、判断していくものが本当にたくさんあるし、それは際限のないものです





「何を成すのか」ということは、「これをやりたい」「こうしていきたい」ということからつながっていくものと思います


対外的に、「こうしていきたい」は、主に、「仕事としてこれをやっていきたい」という表現になるんだと思うけれど、

なんかちょっと違う、と思う今日このごろです

もちろん、仕事としてやっていくのだけれど、「なにを成したいか」については、仕事ではないものがある、と思うのです

それは、人や町や環境への影響、かもしれないし、
おおげさに言えば時代へのインパクト、というものかもしれない
(石井ゆかりさんの表現をお借りしました)

私も全ての人と同じで一個の個性をもつ一人の人間なので、
私がすることは、人や町や環境からうけている影響と、
時代からうけているインパクトというものがあっての、フィードバックとも思えます


大きな人間になりたい、というのと、

権威のある立派な人間になりたい、というのは同意語ではないですが、

「量」や「規模」も無関係に、「なにを成すのか」ということをつきつめていきたいと思っています



ここには、きわめてパーソナルな倫理観や道徳観も大きく影響していて、

例えば「セラピストとしてセラピーする」ことを仕事にしている場合、
「量」や「規模」を大きくすることはある意味簡単なわけです

でも、そのことは、私が成すことじゃない、と思うのです
(もちろん、ある程度までは必要と思うけれど)
その「仕事」は、ほかの人がすでにやっているし、私の興味はそこじゃない


私自身は、もっと、一人一人の個人に向き合いたいし、アロマやハーブといった植物の力、その植物を生み出す土や水や種の多様性といったものに向き合いたい

そして、それらを育む地域、環境といったものにも向き合いたい

人とのつながりが生む大きなエネルギーやパワーが、人の心に伝わり、少しずつ時代が変化して行く中の、
とてもニッチな部分のちいさなちいさなひとかけらに、関わることができたらと思うのです
(しかもかなり距離的に近い部分で)


それは、例えば平和、というものにつながっていく特異的なアプローチかもしれないし、そうでもないかもしれない(正直、わからない)

ただ、私はたぶん、「遠回りが一番近道」と思っているところがあって、
直線的・直接的な関わり方よりも、ちょっとした寄り道や、別の視点からのふれあいが、実は一番ツボをついてた、というままある事実を大切にしているような気がします


ということを考えつつ、


「なにを成すのか」ということの難しさは、経緯があって、結果があるので、
最初から「なにを成す」かわからないときに、人はいろいろと迷うのだと思います



「セラピー」する、ということで言えば、
安易にその定義を口にすることも難しい、と思います

あえて言うなれば、「私のする(したい)セラピーとは、どういうものか」と言えるくらいでしょうか
例えばアロマテラピーであれば、これこれこういうものですよ、と定義があったとしても、
アロマテラピーは手段であるので、セラピストがどういう想いをもっているか、というのはそれぞれ違うかもしれません

ただ、「私のする(したい)セラピーとはこういうもの」というのは、
ある意味エゴではないか、という話もあるかもしれません
クライアントさんに、その想いを押し付けることになるんではないかと

でも、本当にさまざまなセラピー、さまざまなセラピストがいる中で、
見つけてお越し下さる方には、それがなんであれ、「必要」だからこられるのだと思います

(いずれにしても、施術中は無心というかほぼ瞑想状態ですし、
「そうあるように」なるものなので、こうなってほしいとかああなってほしいとかいう願いや希望をおしつけることはまずありません(のでご安心ください☆)

身体の状態を感じ取り、フィードバックすることはありますが、診療・診断・治療ではありません)


で、そんなセラピーがセラピー足りうるか、といえば
クライアントさんが「癒された」と思えば「セラピー」になることでしょう
でも、人によってその感覚や想いは異なるし、それこそ分量や程度で図ることのできないもの
あるいは最初にある「期待」を超えないと満足することはないかもしれません

その人の実感に価値が左右されたり、その後々にどのような影響が広がっていくか、セラピストはただゆだねるのみと言っても、個々の人生への影響の大きさを考えると、たいへんに責任は大きいな、と思うのです

ただ、身体的なセラピーは、身体と心、そしてスピリット、すべてつながっているので、
身体が癒されることで心やスピリットにも大きな癒しが伝わっていく

その変化を実感していただけたなら、「セラピー」というものが成り立つと思うのです
満足は、変化から生まれるもの
即効性を求められる現代・・・時に「癒し」はその人の変化に伴い、おこることがあります

逆に、実感を伴わない場合というのももちろんあるでしょう
その時には、その価値を認められなくても致し方ないでしょうが、縁あってお越し下さる方には、必要なものが届いていることと思います





どんなときでも、ネガティブな言葉よりも、ポジティブな言葉をメッセージで受け取りたいと思うのは、だれでもそうだろうと思います

先の、「アロマテラピーの伝わり方への提言」で言えば、ポジティブな印象は受けないけれど、自分に対する教えとしてポジティブに変換することは可能です

でも、最初からポジティブであれば、一番スムーズですね

先日、「人の肌に触れるということのすごさ」、を伝えてもらったことがあって、
なんともいえない福音をいただいたようでした

こういう言葉も、一つのセラピーと思います


セラピストも、一人の不完全な人間です
生まれついてのセラピストや、リカバリーしてセラピストになる人、様々ですが、
ある意味全員、生まれついてのセラピストなんだろうと思います

不完全ながら、人はすべて全きものである
この大前提があるからこそ、セラピーが生きてくると思うのです


クライアントを何人施術したとか、
知識がどれだけあるとか、
何年どこで勤めたとか、
本を出したとか、
外国の資格を取得したとか、
資格をどれだけもっているとか、
売上規模がどれだけあるとか、


セラピストマインドを持っているはずの人々が、このような条件で優劣を決めたり、上下を決めるのはあやういことと思います
また、これらの要素(や共通する要素)で、人に優劣を決めさせたり、上下を決めさせたりすることも、重い足かせをはめるようなものと思います


なので、自分自身はできればこういったことから自由でいたいと思うし、
行動レベルも自由でいたいと思います
ところがこれもまた難しいことと感じることもあるのです
(プロフィールには、しっかり記載する必要はあると思います・・・信頼のための一要素とは思うので)

ただ、
本当に地道な努力やご縁の力という「経緯」の「結果」として、それらが得られたときに、その努力は賞賛に値すると思っています
そのときは、「経緯」や「結果」からおこったすばらしい現象を賞賛しているのであり、その人個人への評価は、そのときの態度によるでしょう
「誇り」とはなにか
自分の心の中にあって輝くもの
誰の評価でもなく、だから自分は自分なのだと自らを認めるものと思うのです


これは私の「価値観」であり、また別の「価値観」ももちろんあります
どちらが良い、ということではなく、それぞれお互いに、尊重しあえれば良いですね





「何を成すのか」

いろんなイベントやワークショップをしていると、
「何をしている人かわからない」
と言われることがあります

たぶん、いつもブログやHPを見てくださってる方は、そうでもないと思いますが、
たまに見る方は
「なんかいっつも違うことやってるなー」と思うのかもしれないですね



アロマやハーブのイベントやワークショップ、教室は、メインの活動ではないのですが、
開催したり参加したりするたびにたくさんの情報がフィードバックされるので、ご縁をいただける間はできるだけ続けて行きたいと思っています
私にだけできる、アロマテラピーやハーブの伝え方や楽しみ方、というのがあると思うので、
今はその可能性をさぐっていきたいとも考えています

とくに、いろいろな場所で開催するいろいろな企画を、楽しんでくださる方々がおられる・・・
期待にこたえる、というと重いのですが、自分が楽しく自由に企画できる間は、一緒に楽しんでいただけたらと願っています


そしてもちろんのこと、
サロンでのボディワークやレイキヒーリングについても、まだまだ、もっともっと勉強したいことがありますし、深めていきたいと思っています


こうやって、私自身が、自由に発想し、自由に行動し、自由に表現していれば、
イベントや教室、またサロンで出会うお客さまやクライアントさまに、
「自分がやりたいこと」「自分がありたい様」をリアルに感じていただけるんじゃないかと思います


一番大切にしているのはその部分です
「ヤスミン」にしたのは「ジャスミン」から
小さなジャスミンの花がたくさんあつまって、夜の闇に濃く遠く広く香り漂い、私たちの心の許容量を広げてくれるのです

名付けた後から知ったジャスミンの香りの力は、直感力を高め、個性的な考えを育み、創造力を豊かにしてくれるというもの
それは、結果的に、心の中の「自立」を促してくれると思います
私は、自分のセラピーや教室などで、ささやかでもそのサポートをできればと心の底で願っているんだろうと、感じています


お客様の自由な心を応援するために、私自身もできるだけ自由に、同時に地に足をつけて、自分の「成すこと」を時に遠くみつめながら、大きなものへの感謝を抱きながら、「お仕事」していきたいと思います


たとえばそれがとてもちいさなことでも、
たくさん集まるちいさな力でありたい
ひとりひとりの笑顔を大切に、
そして私自身と、私の大切な人たちの笑顔もともに、大切にしていきたいと思っています

そのために、「何を成すのか」
姿も形も定義もないものを、
姿をつくり形作り説明をつけていくように
少しずつ育てていきたいな、と思います



Aromatherapy&Herbs YASMINE ヤスミン
東近江市長峰団地内
長峰幼稚園からすぐ♪

ご予約・お問い合わせはお気軽に♪
090−8232−6351
info@m-yasmine.com

HP:http://www.m-yasmine.com

アロマボディトリートメント
アロマリフレクソロジー
アロマヘッドセラピー
レイキヒーリング
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

yasmine misa

Author:yasmine misa
滋賀県東近江市長峰団地でハーブガーデンとサロンをしています。アロマテラピーとレイキヒーリングを中心に、心と身体と感情と精神をみつめてお客様のすばらしさを見つけます。
ブログでは日々の暮らしの中でのナチュラルセラピーや各種お知らせ、たわごとなどを徒然に綴ります。
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
アロマボディトリートメント、アロマリフレクソロジーディプロマ取得
リコネクティブ・ヒーリング・ファンデーショナル・プラクティショナー(RHFP)
JGS認定ハーブコーディネーター
JGS認定ガーデンコーディネーター
YASMINE HP
連絡先
TEL:090-8232-6351
MAIL:info☆m-yasmine.com
送信時は☆を@に変更してください
あるいは、下記メールフォームよりお問い合わせください
広告宣伝等およびサロン資材にまつわる営業は厳にお断りします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

facebookページ

Aromatherapy&herbs Yasmine ヤスミン

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。