スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作りコールドクリーム♪

2013.12.29 17:32|手作りコスメ
わたしがわたしになれる場所♪
あなたの自ら癒える力を応援する、リトリートサロン
ヤスミンのブログにおこしくださって、ありがとうございます♪

長峰団地に越してきて6年目。
毎年思いますが・・・
「年末年始がとっても静か」です。

お客様がおられない時間帯は、ほんとに静かです。
こういう時間があると、思わず何か作りたくなります。

そんなわけで、今日は「コールドクリーム」を作りました。

アロマテラピー検定の勉強をされた方は「ガレノス」=「ローマ時代の医学者」=「コールドクリームの製法を確立した人」と記憶されていることでしょう・・・

そのコールドクリーム。

数年前に2回ほど作成して、一勝一敗。
1回目は成功して、2回目は失敗^^;
油断してました☆

で、しばらく作ってなかったのですが、6月にバリに行ってWSを受けた時に作ったクリームが、
「あ、これコールドクリームだなぁ〜」と思って、また作りたいなぁとぼんやり考えていたのでした。

日本産の、しかもニホンミツバチちゃんの蜜蝋を入手したのと、バリから購入していたコールドクリームが無くなったのと、なんだかあまりにも静かなので、このタイミングで作ってみることにしました♪

☆コールドクリーム☆
現代はクリーム類は乳化剤を使ってワックス成分、油脂成分、水分が分離しないよう混ぜてテクスチャーの良いものを作られています(この乳化剤が植物由来のものではなかったりして、ついでに市販のクリームは保存料や添加物などいろいろ加えられています)。
乳化剤の無かった時代にも、水分と油分の性質の両方を同時に得られるクリームとしてコールドクリームを作ったのがガレノスさんだそうです。
水と油は互いに溶けることはないですが、均等に混ぜられたクリーム状のもので、肌にのせると水分が蒸発して気化熱として肌表面の体温が奪われるので、ひんやりと感じる・・・それで「コールドクリーム」だそうです。

乳化剤いらずなんて、すばらしいじゃないか!
そんなクリームなのですね。


☆材料☆

植物オイル:水分:ワックス(蜜蝋など)=4(容量):4(容量):1(重量)

な感じです。

☆作り方☆

今回の作り方は、私が適宜アレンジしています。
アレンジは参考までに・・・基本のコールドクリームのレシピや作り方は、いろいろ調べればわかると思います^^

①全ての材料を計量する。

イメージ+3_convert_20131229164347

今回は、

蜜蝋が27gあったので、
ココナッツオイル+カレンデュラオイル 110ml
ローズマリー芳香蒸留水 110ml

で作りました。
正確な4:1ではないですが、ま、いいんです。適当で。自分のだから。

《材料補足》
蜜蝋・・・いわずとしれたミツバチの巣からとれるワックス成分です。今回は贅沢にニホンミツバチの蜜蝋!お高い♡
ココナッツオイル・・・バリ島から送ってもらったもの。生絞り!って感じ。甘いココナッツの香りに満ちてます♡
カレンデュラオイル・・・カレンデュラの花弁をオイルに浸漬させて有効成分を抽出したもの。カレンデュラは保湿・しみの改善・毛穴のひきしめ・炎症などを鎮めてくれ、肌を保護してくれる素敵ハーブ。今回はセサミオイルで自作したもの。
ローズマリー芳香蒸留水・・・お庭のローズマリーで昨日のうちに作成。作り方は過去のブログ記事にて。

②金属製または耐熱ガラスのボウルにオイルと蜜蝋を入れて湯煎にかけて溶かす

イメージ+7_convert_20131229164502

オイルと蜜蝋が均等に混ざるように、ちょいちょい混ぜながら溶かします。

イメージ+2_convert_20131229164323

溶けてきましたー。
溶けてきたら高温になりすぎないように火力を弱めます。

③水分を温める。

水分は、オイル+蜜蝋に温めずに加えるというのが基本レシピのようなのですが・・・
調べると温めるようには書かれていなかったけど、いきなりひんやりした水分をいくら温かいとはいえワックス成分の含まれたオイルに加えると、温度が下がりすぎるのではないかと思われたのですね。
なのでほんのり蒸気で温めてみました。

イメージ+4_convert_20131229164407

耐熱ボウルにローズマリー芳香蒸留水と、今回は昆布の成分も利用(昆布水ですね♪)しようと、カット昆布も加えて有効成分が揮発しないようにラップをして加温。
昆布の量は適当。昆布に水分を持っていかれるので、芳香蒸留水は若干多目にしました。

④蜜蝋が完全に溶けたら水分を少しずつ加えて撹拌する。

イメージ+5_convert_20131229164425

画像みたいな感じできれいに溶けたら、温まった水分を少しずつ加えて泡立て器でよく撹拌します。

「少しずつ」ってどれくらい?って思うでしょ?
私も思いました。でも正確に書かれてないんですよどこにも。
結局書かれてないってことは、「不正確で良いのだ」ということなんだろうと判断し、適当に加えました。
今回は4回くらいに分けて加えました。

油分に水分を加えるわけですから、ここからが肝心です。
とにかくひたすら撹拌!
泡立て器で混ぜ混ぜします。

すぐに乳化して液体が白濁します。蜜蝋とカレンデュラオイルが黄色いので、今回はほんのり黄色くなりました。

写真が無いのは一人で作ってるので、水分を加えてからは「写真撮る余裕なんてないべよ!」ということなのですね。
ひたすら混ぜてました。

コツとしては、水分を加え出したら湯煎の加温は停止。
水分はそれほど熱くなくて良いので、加えては混ぜ、加えては混ぜを繰り返し、
すべての水分を加えたら、ボウルを湯煎から外します。

このように、油分の容器に全て加えるので、ボウルは材料の全量にあわせた大きさが良いですね。

湯煎から外したら、常温水を入れたボウルに底を当てながら撹拌するのも良いと思います。
これはバリでWSを受けた際に、スパの方がされていた方法です。
なので今回ちょっと真似してみました^^

あと個人的に思ったのが、「泡立て器よりももっと撹拌能力のあるものを使ったらクリームのきめが整うのでは?」と思い、今回は途中でちょこっとだけバーミックスを使ってみました。

案の定、とってもきれいなクリーム状になりました!

⑤好みの精油などを加えて容器に入れて完成!

イメージ+6_convert_20131229164445

精油は必要に応じて加えてください。
けっこうたくさん入れるレシピを発見したのですが、
今回は材料からかなり肌に効果的なものを使っているので、私は全部で18滴くらいになるように加えました。
ローズマリーベルベノン、ミルラ、フランキンセンスの3種類を6滴ずつ。
この辺りは好みなので、自作の際には使いたい精油をセレクトしてみてください☆

あ、容器はあらかじめアルコール清拭や、ガラスのものは煮沸などして殺菌しておいてくださいね〜〜。

イメージ_convert_20131229164257

けっこうキレイなクリームになりました。
たっぷり作ったのでこれで春までもってくれそう♪


《工程補足》

最後の撹拌ですが、冷えてくるに従って、少しずつテクスチャーが変化してきます。
最初はゆるいクリームくらいだったものが、どんどん重くなり油分の照りが目視できるようになります。
そうしたらストップ!
私は今日、ちょっと撹拌しすぎてしまって少しだけ水分が分離してしまいました。
これは卵を混ぜるときにも見られる現象ですね。
油分の照りがのぞく一瞬を見逃さず、手をとめると良いと思います♪
あ、でも振動などがあると水分は少しずつ分離したりします。
それでもたっぷり水分を含んだクリームなので、普通に使えますよ^^
分離した水分も良いものなので、お肌に使って挙げてください♪


完成してから、泡立て器などについたものがもったいないので、さっそく足に伸ばしてみました。
まだ温かいのでなんとなく油ぎっとり、な感じがする。
でも冷蔵庫でちょこっと冷やしてから手にとると、
おお、コールドクリームだ〜!って感じで、一瞬ひんやり、そしてさらりと肌になじんでとても心地よいテクスチャーでした。

ローズマリー芳香蒸留水も、コールドクリームも、自作すると手間もかかるし準備も後片付けもそれなりに大変。

でも空き時間を有効活用して作れるし、手元にある材料で作れるし、
何より無添加!容器も手元のものだけで良いし、使い心地も良い。
精油でカスタムできて、本当に素晴らしい〜〜♪♪

手作りコスメについては、時々お問い合わせや直接ご要望いただいたりもするので、春以降にWSを開催することを検討していますー。

今のところ、4月と8月くらいかな・・・
ローズマリーの芳香蒸留類を実際に作ったり、
今回記事にしたコールドクリームを作ろうかなぁと考えてます。
もちろん他のアイテムも^^

よろしければのんびり機会をお待ちくださいませ〜♪


Aromatherapy&Herbs YASMINE ヤスミン
東近江市長峰団地内
長峰幼稚園からすぐ♪

ご予約・お問い合わせはお気軽に♪
090−8232−6351
info@m-yasmine.com

HP:http://www.m-yasmine.com

アロマテラピートリートメント
アロマボディトリートメント
アロマリフレクソロジー
アロマヘッドセラピー
レイキヒーリング
アロマ心理リーディング
サウンドヒーリング
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

yasmine misa

Author:yasmine misa
滋賀県東近江市長峰団地でハーブガーデンとサロンをしています。アロマテラピーとレイキヒーリングを中心に、心と身体と感情と精神をみつめてお客様のすばらしさを見つけます。
ブログでは日々の暮らしの中でのナチュラルセラピーや各種お知らせ、たわごとなどを徒然に綴ります。
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
アロマボディトリートメント、アロマリフレクソロジーディプロマ取得
リコネクティブ・ヒーリング・ファンデーショナル・プラクティショナー(RHFP)
JGS認定ハーブコーディネーター
JGS認定ガーデンコーディネーター
YASMINE HP
連絡先
TEL:090-8232-6351
MAIL:info☆m-yasmine.com
送信時は☆を@に変更してください
あるいは、下記メールフォームよりお問い合わせください
広告宣伝等およびサロン資材にまつわる営業は厳にお断りします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

facebookページ

Aromatherapy&herbs Yasmine ヤスミン

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。