スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒しのアプローチ・・・癒されていくことを許す

2015.08.21 12:33|徒然日記
リラクセーションとバランシングと調和のサロン♪
Aromatherapy&Herbs YASMINE ヤスミンのBlogへお越しいただきありがとうございます。

こんにちは♪

もうすっかり朝晩には秋の気配を感じるようになりましたね。
みなさま、お盆休みは楽しまれましたか?
ヤスミンはすっかり「旅館ヤスミン」化しておりました☆

さて今日は、ヤスミンのことを少しお話しようと思います。

今現在ヤスミンはサロンワークを中心にあることを目指して活動していますが、
もうひとつの顔として、蒲生というまちに関わる活動も開始しています。
それが「ええほん蒲生探検隊」という名前なのですが、なぜ平行してこのような活動をしているのか、ということです。



サロンを初めて2年ほど経過した頃から、お越しくださる方々と様々なお話をしたり聴いたりして、いろいろと考えるところがありました。

そして同時に、ボディワークにも様々あり、身体的なアプローチで人の感情や心が癒されていくことも学び、
心理学講座でこれもまたさまざまな情報をいただき、
自身の見聞きしたことや体験の中で、理解が深まるほどに、自分自身が何をめざしているのか、ふんわりと中心が作られてきました。

「自分らしく生きる」とか、「自分の人生を楽しむ」とか、そういう言葉がありますね。

私たちは、一人だけでは生きていけず、周囲の人々や、逢ったこともない人のおかげで生きています。
さらに言えば、人間以外のすべての存在のおかげで生きています。

その中で、自分らしく生きる、とはどういうことなのだろうか。
それが楽ということであれば、なぜ今は楽ではないのだろうか。
自分らしく生きても、しんどさはある。完全に楽になることではないけれど、それがなぜいいのだろうか。

「自分らしく生きる」というのは、自分を構成するもの・・・たとえば「心・身体・感情・精神」のバランスをとり、自分自身が完全であることを理解し、生き生きと、その人なりの活力をもって生きていくことと考えています。
そのために、「癒し」が役立つと考えています。

癒しは、一朝一夕で成るものではなく、基本的には「傷ついた期間と同じかそれ以上の時間がかかる」ものかな、と体験的には実感しています。

私自身の体験で言えば、10歳くらいから25歳くらいまでの間に起こった出来事の癒しが、20歳くらいから癒しが始まり、37歳くらいまで「夢」で自分を癒し続けました。

自分の治癒力を実感した体験です。

時とともに進む癒しは「時間ぐすり」というもので、時とともに辛かった記憶や感情が癒されていくというものです。
その間に、一人ではなく、他者とのふれあいからも学ぶことも多いのではないかと思います。
それもとても素敵なことです。

でも、人は意識していなくても、傷の上に傷をつけることをしたり、癒されることを拒絶し、自分の治癒力を信頼することができないこともあります。

そんな場合には「時間ぐすり」がなかなか働きません。

そして人は、「癒し」について、積極的な人と、そうでない人がおられるということもまた事実です。

現代社会では、癒しというと固定されたイメージがあります。
それはとてもリーズナブルでコンビニエンスな「癒し」であることが多いように思います。

あるいは身体的なことでは、多くは西洋医学に依存し、自己治癒力を高める日常的な生活習慣を獲得することを厭うケースも多く見られます。

私たちの身体は、心や感情や精神とバラバラなのではなく、
本来一体となって存在しているものです。
肉体は容れ物ではなく構成要素のひとつです。
神経、血管、血液、リンパ、内臓、骨格、筋肉、脂肪・・・
心、感情、精神とともにあるからこそ、私たちはそのバランスを崩すと心身ともに健康を害することが多くあります。

人間を全体的に、包括的に見るということで「ホリスティック」という言葉があり、古くから人の健康を守るためにはどのようなアプローチが有効かを、多くの先人が探求し、研究してこられました。
しかし今は、多くのことが忘れ去られ、「新しい」ことが最善であるかのような錯覚を私たちはしていることも多いのです。

私は温故知新という言葉が好きですが(これもまた深く読みとると興味深い意味があります)、
繰り返し繰り返し、人が行う業のようなものを追いかけることに飽きてきたら、
自分自身の全身的なバランスを回復することを考えてみれば、
いわゆる「自分らしく」生きていくきっかけになるのではないかとも思うのです。
(自分自身や人に対する「思い込み」をほどくことも「自分らしく」生きることにつながるかと思います。
(自分の「思い込み」は、自分の中心にある美しく輝く部分につながっていくことが多くあるように思います。
(私は、それを見つけることを楽しみにしています。



ボディワーク・・・身体からの癒し
サイコセラピー・・・言葉・対話からの癒し
スピリチュアルヒーリング(エネルギーワーク)・・・スピリットに働きかける癒し

これらのすべてがお互いに作用しあい、複雑な人間の機能に働きかけ、身体的な癒しでも感情が癒され、心が穏やかになること、
対話からの癒しでも心が軽くなることで足取りも軽くなること、
スピリチュアルヒーリングによって心身ともにバランスが回復すること・・・

それぞれの良さがあり、身体に触れられるのが苦手な人は、スピリチュアルヒーリングを選んだり、対話が苦手な人はボディワークを選んだりと、
私たちは様々なアプローチから自己治癒の道を歩みます。

私自身がこれらの様々なアプローチを試し、
多くの観念からくる苦しみを癒し、過去を癒し、そして未だ癒えない部分にも気づきながら、少しずつ癒えていくプロセスを楽しんでいます。
(癒えていくのがわかっているので、その経過が楽しいのです!)

私は今の仕事に意味を見出し、素晴らしい仕事だと考えて行っていますが、
逆に、このような仕事は無くなる方が良いとも考えています。
それだけ傷つき、癒しが必要な人が多いということは、
社会の構造的欠陥、人類の生み出す不幸があるということ。
光だけが影を照らすことができるとはいえ、
人類がどれだけ進化できるか、夢物語を語る気はしません。

そしてまた、これら「癒しのためのアプローチ」と自分自身が完全に無縁であると考えておられる方も多くおられます。

自分自身が傷ついていることを認めることは、
悲しい体験や感情を思い出すことかもしれません。
あるいはそれの真っ最中であるときには、
それに耐えられないかもしれません。

その場合は、無理にすることはないのです。

でも、一人で生きているのではないですから、
「時間ぐすり」になるような、自己治癒のきっかけは、どこかにあることでしょう。

地域での活動は、ほんのりと、そんなことも考えながら、間接的アプローチをしようと考えています。

夢物語を語る気はしないと書きましたが、
今在る人が大切であること。
これが大前提です。

未来のために犠牲を生んでは、同じことを繰り返すだけではないかと思うのです。
なので、今在る人が癒されていくことが大切であると考えています。
(それは、魂の輪廻という概念をもっているからかもしれません。

そのために私ができることは、

自分自身を癒すこと。
自分自身が癒しを実感していることを、他の人に伝えること。
この2点です。

だからこそ、私はサロンワークを行い、
同時に、地域のためにできることをします。
手段は何でも良いのです(が、私にできることで行うしかありません)。
私が目指していることは、「心・身体・感情・精神」のバランスを回復し、自分自身の完全性を受けいれ実感し、生き生きと暮らすこと・・・
人生の「Flower of Life」をより長く生きること。
(それは、自己治癒が継続的に働いていることであり、他の人にもつながっていくことです。

もちろん、不老であるとか病気にならないということでは在りません。
自己治癒が働いた結果として、「完全で奇跡的な肉体的治癒」ばかりが起こるものでもないからです。
長寿がその証拠ではないからです。

私たちが今の人生で何を学び、次の人生あるいは後世に伝えることができるか。
私たちが生きている意味、価値のように感じさせられる「思い込み」も飛び越えて、
ただ存在しているということを、お互いに認めあうということができれば、
心の平安、魂の自立ができるのだろうと思います。



イメージ+2_convert_20150821122657

私の名前は「やすかわみさこ」ですが、
名前のアナグラム・・・名前に隠された意味を見つけるワークをすると、

「さ(ぁ)、みはすこやか」=「さぁ、『み』は健やか」
(『み』=身、体、命、心、望、民、水、生などが「み」と読まれます)

「みやこさかすわ」=「都咲かす『和、輪、環』」

この二つの文ができました。
なんと旧姓では見つからなかったのですが・・・

数年前まで、蒲生が好きなので、蒲生で何かお役に立てないかと考えていたけれど、サロンもあるし、なぜ私は2つのことに意識が向くのだろう・・・と考えていたのです。

でも、名前の中に隠されていたのですね。

複数のことをしていると、二兎を追う者は一兎をも得ずと言うこともありますが、
私には、サロンも、地域の中での活動も、
両方根っこは一緒なのです。

直接的アプローチか、間接的アプローチかで、手段は異なるけれど、目指すところは同一です。
それが私の芯であり、心なのだろうと思いつつ、
私自身も癒しながら、この心にどれだけ信念をこめられるか、
少しずつがんばろ〜って考えています。

それが私自身の「心・身体・感情・精神」のバランスを回復し、自分自身の完全性を受けいれ実感し、生き生きと暮らすこと・・・。

自然に、みなさまに、先人方の生み出したものに、生かされていることのありがたさ、おたがいさまのありがたさを想い、今日も過ごさせていただきます。

長々と、お読みいただきありがとうございました。


Aromatherapy&Herbs YASMINE ヤスミン
東近江市長峰団地内
長峰幼稚園からすぐ♪

ご予約・お問い合わせはお気軽に♪
090−8232−6351
info☆m-yasmine.com(☆→@に変更の上送信)

HP:http://www.m-yasmine.com

アロマテラピートリートメント
アロマボディトリートメント
アロマリフレクソロジー
アロマヘッドセラピー
アロマ心理リーディング
リコネクティブ・ヒーリング
サウンドヒーリング
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

yasmine misa

Author:yasmine misa
滋賀県東近江市長峰団地でハーブガーデンとサロンをしています。アロマテラピーとレイキヒーリングを中心に、心と身体と感情と精神をみつめてお客様のすばらしさを見つけます。
ブログでは日々の暮らしの中でのナチュラルセラピーや各種お知らせ、たわごとなどを徒然に綴ります。
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
アロマボディトリートメント、アロマリフレクソロジーディプロマ取得
リコネクティブ・ヒーリング・ファンデーショナル・プラクティショナー(RHFP)
JGS認定ハーブコーディネーター
JGS認定ガーデンコーディネーター
YASMINE HP
連絡先
TEL:090-8232-6351
MAIL:info☆m-yasmine.com
送信時は☆を@に変更してください
あるいは、下記メールフォームよりお問い合わせください
広告宣伝等およびサロン資材にまつわる営業は厳にお断りします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

facebookページ

Aromatherapy&herbs Yasmine ヤスミン

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。